こんにちは。
るーぷの符です。

ホームページには欠かせない、お問い合わせフォームです!
みなさまのホームページは、ユーザーにとって 快適なお問い合わせフォームになっていますでしょうか?
お問い合わせフォームの作り方一つで、入力率や離脱率が大きく変わるといわれます。
ちなみにお問い合わせフォームや会員登録のフォームを最適化することを マーケティング用語で「EFO(Entry Form Optimizartion)」と言います。

今回のブログはお問い合わせフォームの入力率を UP させるポイントをご紹介します。
ポイントは 5 つあります。
=====================
①入力項目・入力欄はシンプルに
②必須項目を明確に
③入力例を入れる
④選択できるものは選択させる
⑤スマホを意識した入力フォームを
=====================

①入力項目・入力欄はシンプルに

入力項目の数が多く、長すぎるフォームを時々見かけます。
企業として多くの情報を取得したい気持ちも分かりますが、 ユーザー的にはたくさんの入力をするのはうんざりしてしまいます。
できるだけ業務上必要最低限の情報だけを入力するフォームを目指しましょう。

②必須項目を明確に

入力しなければならない必須項目には、項目名に「必須」と記載し、背景や文字に色をつけるなど、ひと目でわかるようにしましょう。

③入力例を入れる

入力例を表示しておくと直観的に回答できるので、ユーザーの入力負担が減ります。

④選択できるものは選択させる

選択肢が用意できるものは、チェックを入れる形式やプルダウン形式など、選択式の回答を活用しましょう。

⑤スマホを意識した入力フォームを

スマホの利用率が高くなるに伴い、スマホからお問い合わせを送信するケースも増えました。
パソコンと比べて、スマホは小さな画面の中で操作する為、フォームが小さいと入力が大変です。
スマホで見たときに入力しづらい部分はないか、ボタンの大きさは適切か、等を確認してみましょう。

※るーぷのお問い合わせフォームは下記となります。どうぞご参考ください。

ちょっとしたことの積み重ねですが、 ユーザーの入力ストレスを減らす改善を行うことが 非常に大切です。
お問い合わせフォームの改善について、 ご質問やご不明点がございましたら お気軽に弊社までお問い合わせください!